• ホーム
  • 病院のご紹介
  • 診察予定表
  • 交通のご案内
  • お問い合わせ

診療実績

診療実績

年々増加傾向にあった救急搬送件数ですが、コロナ禍の影響で診療実態は大きく変わりました。発熱や呼吸器症状の患者搬送は、隔離で対応する必要が生じたからです。地域全体で発熱対応に取り組み現在に至ります。 Postコロナの体制構築に向けて、ハードウェア、ソフトウェアの改善を進めています。
全体に目を向けると、救急搬送から入院する件数は年間1,500〜2000件程度で推移しています。当院は純粋なERとは異なり、時間内、時間外のWalk-in患者(主としてかかりつけ患者)の診療は各科で担当していますので、救急医は救急搬送患者さんの診療に注力できます。

救急搬送と入院の件数

救急車応需率
令和元年度 令和2年度
要請件数 ① 4,238 4,188
応需件数 ② 3,946 3,509
応需率 ②/① 93.1% 83.8%
重症患者の内訳
疾病名 2018年 2019年 2020年
病院外心停止 183 218 159
重症急性冠症候群 7 11 16
重症大動脈疾患 4 0 15
重症脳血管障害 68 45 38
重症外傷 296 317 347
重症熱傷 4 7 6
重症急性中毒 70 33 15
重症消化管出血 37 47 66
重症敗血症 38 21 36
重症体温異常 9 15 6
特殊感染症 1 1 0
重症呼吸不全 43 27 8
重症急性心不全 32 14 6
重症出血性ショック 14 16 10
重症意識障害 30 11 9
重篤な肝不全 4 0 0
重篤な急性腎不全 4 4 5
その他の重症病態 69 132 83

ページトップへ